« 司法書士選びは『運』に任せない | トップページ | 仕事のできる人はマメである »

2019年11月 1日 (金)

自宅を残して最期を迎えられるかどうか

011101新しい後見申立の件で、病院に診断書をもらいに行ってスタート。市役所で住民票や戸籍謄本の取得、法務局では完了した会社さんの変更登記の事後謄本を回収。

入院された被後見人さんの荷物の整理。

仏壇や位牌があったので、葬儀社さん経由でお寺さんを呼んでもらって、魂を抜いてもらってから、仏壇を運び出してもらいます。その他の荷物は、私の事務所に引き上げ。アルバムがあったり、衣類があったり、いろいろな方の荷物が一時保管されている状況です。

施設に入られる、入院されるとしても、ご自宅を残したまま最後の居場所を過ごせるかどうか。これは結構大きな違いが生じると感じています。

完了した相続登記の書類は、レターパックで発送。レターパックが一般的ではなかった時代は、受け取り手の年代を考えて、レターパックと簡易書留と使い分けていましたが、レターパックはメジャーな存在になってくれました。

|

« 司法書士選びは『運』に任せない | トップページ | 仕事のできる人はマメである »

司法書士の日常」カテゴリの記事