« 何度も「相続の当事者になる」職業 | トップページ | 「何でもかんでも電話」には反対派 »

2019年11月10日 (日)

サービスの対価は値切ってはいけない

Nagare_20191110194501専門家の報酬は値切ってはいけない。専門家の報酬に限らず、サービスの対価は値切ってはいけない、です。

値切ったら、質を落とされる、それなりのことしかしてもらえない。結果として、そうなるのが目に見えているため、です。

歯医者に行って歯を治療してもらうのに、「安くして下さい」と言えますか?私であれば、恐ろしくて言えません。

司法書士も、値切られることがあります。「安くして下さい」「いくらいくらになりませんか?」。その時思うこととしたら、「じゃあ、その程度のことしかやりません」です(とはいえ、値切られる案件のほうがややこしいのも現実)。

例えば、不動産業者さん。相手もプロで、値切っても結果は変わらない、ということを分かって言われている場合もあります。その時思うこととしたら、「この人からは距離を置こう」です。

例えば、事務所にいる私宛に電話がかかってきて、「ちょっと教えて欲しい」「ちょっと聞きたい」。お客様からそんなアプローチがあるとして、普段、気持ち良く報酬を支払って下さっているお客様であれば、何も考えずにお答えします。でも、値切ってくる人であればどうでしょう。「これ以上は有料です」と言うと、ピタリと電話がかかってこなくなった、ということもありました。

|

« 何度も「相続の当事者になる」職業 | トップページ | 「何でもかんでも電話」には反対派 »

事務所経営論」カテゴリの記事