« お客様に望んで頼んでいただける環境 | トップページ | 厚生労働省の「人生会議」 »

2019年11月29日 (金)

中学校の敷地に入った時の記憶

011129

建築中の清恵会病院の跡地、基礎が出来てきました。

さて、「週末に向けてやることが増えていく」現象は今週も健在。朝の時点で、一日の予定表を「×」。明日の予定表も「×」にしました。急遽入った予定は、「中学校まで印鑑をいただきに行く」という、前日までは想定もしていなかった行動。

中学校の敷地に入ったといえばと、ふと30年前の出来事を思い出しましたが、いつの間にか、自分が親の世代になりました。場所を尋ねた先生にも、生徒の父親だと思われたことでしょう。

午後からは、ずっと事務仕事。
委任状をメールでお送りするだけで2週間かかってしまい、携帯の着信を見て「用件はあれだ」と気付いて、慌てて送る状態。

「今週末こそは休もう」といきたいところですが、やり残したことがあるので、やっぱりすることになります。

|

« お客様に望んで頼んでいただける環境 | トップページ | 厚生労働省の「人生会議」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事