« 「ヒアリング+書面のチェック」 | トップページ | 感覚的には「行政書士資格のある司法書士」 »

2019年11月13日 (水)

郵便物や書類が散乱する現実

011113

朝から被保佐人さん宅訪問。

ご自宅には書類や小銭が散乱。役所関係は役所に届出を出すことで、直接後見人等の事務所に送ってもらえますが、ご自分で買い物をされたものとか、個別に届く請求書を管理するのは困難です。デイサービスの請求書も届かないと思っていたら、ご本人が持たれていたので、「事務所に送って下さい」と依頼。

郵便物の転送。裁判所の許可をもらって転送できるのは、「後見に限る」「郵便物の転送が後見事務に必要となる具体的事情を書いて、裁判所の審判をもらう」必要があります。それでは、現場のニーズには対応できません。

同時刻、事務所の司法書士が抹消書類を受け取って、法務局に申請書を提出。申請した後で「抹消の受領書が必要」ということになって、入れ違いで出掛けることになりました。「登記申請と同時でなくても、受領書の申請ができるようになった」と、ミスをして広がる知識です。

午後から、私は相続登記の申請。堺の法務局に添付書面の提出。病院には、施設入所に必要な書類の用意を依頼。

もう11月の半ばだというのに、日差しがきつい。日が照っている中で自転車で走ると、汗が出て来ます。

|

« 「ヒアリング+書面のチェック」 | トップページ | 感覚的には「行政書士資格のある司法書士」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事