« 4年ぶりのゴルフは奇跡の晴天 | トップページ | 「亡くなり方」を考えられる人は少ない »

2019年10月23日 (水)

「予定が空いたら」と言ってると空かない

011023

今日は、被保佐人さん宅、被保佐人さんの施設、被後見人さんの施設と、3か所を訪問。
「月1回」の面会をノルマとしている中、「予定が空いたら行こう」と思っていると、どんどん後回しになってしまうので、登記業務が落ち着いた時を見て、自分から連絡をしてお約束していきます。

ご本人への合言葉は、「用事がなくても来ますから」です。訪問することで喜んで下さることもあれば、「帰ってくれ」と言われることもありますが、それでも「また来ますから」と言って帰るうち、何かが変わればいいなと思っています。

さて、事務所の中では、付随業務としての信用情報調査のお手伝い。代理で申請をしても、郵送で届くのはご本人宅なので、添付書類をいただいて、申請書にサインをしてもらって、事務所から投函しています。

相続登記の準備は、並行して進めています。近いうちにまとめて、ご案内のお手紙をお送りします。

|

« 4年ぶりのゴルフは奇跡の晴天 | トップページ | 「亡くなり方」を考えられる人は少ない »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)