« 信用情報の取り扱いはデリケート | トップページ | 後見人に対する医療現場の矛盾 »

2019年10月 9日 (水)

行政書士会の倫理研修

011009 今日は、被保佐人さん宅訪問。わずか1時間でしたが事務所に戻って、郵便物の整理。時効援用の内容証明郵便の送信など。

午後からは、行政書士会の倫理研修。5年に一度の義務研修ということで、参加してきました。

司法書士と行政書士。私自身、両方で登録しているから分かることですが、司法書士会でやろうとされている倫理の教育が「100」だとしたら、行政書士会は「5」に満たないくらいです。そういう部分の弊害は、間違いなく存在します。

ところで、近畿大学の教授が話して下さった、「ハラスメント(セクハラとパワハラ)について」の話はとても面白くて、会場が別世界になりました。

仲のいいA課長が女性社員の肩を揉んでもセクハラにならないが、付き合いが薄いB課長が同じことをやるとセクハラになる。

職場での関係性も大事ですが、お客様との関係性はもっと大事で、業務以外のストレスがあるとするならば、「関係性の薄い」部分で生じていること、を感じます。

|

« 信用情報の取り扱いはデリケート | トップページ | 後見人に対する医療現場の矛盾 »

司法書士の日常」カテゴリの記事