« 住所異動の手続きの不思議 | トップページ | 自宅を残して最期を迎えられるかどうか »

2019年10月31日 (木)

司法書士選びは『運』に任せない

011031午前中は、打ち合わせ。2回目の打ち合わせで、後見の申立書類作成と、後見人の候補者となるご依頼を受けました。

成年後見に限ったことではありませんが、司法書士は選ばれたほうがいいです。「私を選んで下さい」という意味ではありません。

司法書士の中にも、得意不得意がありますし、いろんな考え・性格の人がいます。後見人は「裁判所が最適な人を選んでくれます」というのは建前論で、私であれば、自分や自分の家族の大切な財産を預ける人を『運』に任せるのは嫌です。

一方では、せっかく選んでいただいたのに、他の当事者さんの都合で、辞退することになった案件もあります。

午後からは、寝屋川~泉佐野、岸和田、泉大津と移動。寝屋川~泉佐野は、高速道路に乗ってしまえば早いと思って、まとめて予定を組みましたが、やっぱり遠かった。

今月は、親族さんと権限分掌(司法書士は財産管理:親族の方は財産管理以外の後見人)をしている後見事件も、全員の方とお会いしたので、受任中11件の被後見人さんら(複数回お会いした方もあり)とお会いしています。

|

« 住所異動の手続きの不思議 | トップページ | 自宅を残して最期を迎えられるかどうか »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)