« 「不動産」が「負動産」になるリスク | トップページ | 「早い」ことがマイナス評価にはならない »

2019年10月28日 (月)

医師の説明を聞く機会が増えてしまう

011028今日は、新規のご相談2件と、被後見人さんの病院訪問で、医師との面談。

写真は、新今宮駅前に建築中の、星野リゾートの宿泊施設です。かなり大きな規模。豪華な施設ができても、窓からの景色がどうなのか、気になるところ。

さて、新規のご相談は、2件とも受任。

うち1件は、お電話の段階では、ご相談だけで終わりそうかな~と思っていましたが、私がメモを書きながらお話しして、そのメモを読み返しながら「まとめ」をして、メモも持ち帰ってもらいます。お顔を見てお話をすること自体も大きいのですが、そういう何気ないやり取りで、お互いの理解が深まってくるような気がします。

医師とのお話は専門的過ぎて、なかなか難しい。いろいろな病院に足を踏み入れて、いろいろな医師の説明を聞くことは、私自身望むところではないのですが、職業としてこういう関わりができるのは、後見業務ならではです。

|

« 「不動産」が「負動産」になるリスク | トップページ | 「早い」ことがマイナス評価にはならない »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)