« 後見業務から相続手続きがよく見える | トップページ | 被後見人さん転院の手続き »

2019年10月16日 (水)

一日行政相談所の相談担当

011016

今日は、司法書士会からの派遣で「一日合同行政相談所」の相談担当。
久しぶりにスーツを着ました。ネクタイまでしたのは、少なくとも今年の夏になる前、以来です。

隣接の専門職と、登記官も含めて、いろいろな役所の窓口の方もおられたので、司法書士が担当するのは相続による名義変更がメイン。2時間で7名の方、待ち時間なしでお話し続けて喉が痛いくらいです。

本来であれば、相談事というのは「司法書士が聞く(聴く)」ことが先でないといけない。

司法書士が一方的に話をして、その内容に酔ってしまう(自己満足する)といけないのですが、限られた時間、必要なことをお伝えしようとすると、どうしても早口に。こちらが伝えたいことを伝えること、がメインになってしまいます。

しかし、これだけ相談者を集められる行政の力、驚くほどの相談者の数で、びっくりでした。

|

« 後見業務から相続手続きがよく見える | トップページ | 被後見人さん転院の手続き »

司法書士の日常」カテゴリの記事