« 「早い」ことがマイナス評価にはならない | トップページ | 司法書士選びは『運』に任せない »

2019年10月30日 (水)

住所異動の手続きの不思議

011030_20191030184501 今日も朝から堺東。建築中の「ABホテル」は、堺市役所交差点前の一等地です。

弁護士さんの事務所で書類のお預かり。法務局には、商業登記の添付書類の持参。

市役所では、被後見人さんの住所異動の手続き。後期高齢者医療の係には、市民課で渡されたコピーを届けに行くだけで、アナログ。介護保険は、住所地特例で前住所地が管轄しているということで、堺市民なのに堺市では登録すらなし、とのこと。不思議な現象です。

金融機関で住所変更の手続きは、被後見人さん2名分をまとめて。住所変更は、「後見人の設定をしているからいいか」と考えていると、口座振替の依頼書が住所相違で戻ってきたので、「後見人の住所を届出していても、被後見人さんの住所移転は反映させるべし」です。

そろそろ具体的な不具合の支障が及んできたので、ウインドゥズ「7」と別れることを決断。「10」を3台注文しました。あまりに操作性が違い過ぎるので、慣れるまで大変そうですが、時代の流れと無縁では居れません。

|

« 「早い」ことがマイナス評価にはならない | トップページ | 司法書士選びは『運』に任せない »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)