« 医師の説明を聞く機会が増えてしまう | トップページ | 住所異動の手続きの不思議 »

2019年10月29日 (火)

「早い」ことがマイナス評価にはならない

011029

朝から堺の法務局で登記申請。法務局で受け付けられた証明書を金融機関にFAXして『融資の実行』となりますが、他の用事もあったので、コンビニから一旦事務所にFAX。

金融機関の方からすると、「そこまで急いでいない~」ところかもしれませんが、「早い」ことがマイナス評価になる要素はないので、スタッフの出勤前に済ませてしまいます。

一方、銀行の商号変更の登記とか、合併の登記とか、社会的な影響が大きい商業登記は、魔法(?)を使って、朝一番に、一瞬で登記が完了する技が用いられるのではないかと、朝の登記情報を見たりしていますが(料金を払わなくても、その会社が登記申請中かどうかは分かる)、「朝一番に登記の申請すらされていない・・・」というのは結構意外です。

午後からは、被保佐人さん宅で担当者会議。

一旦事務所に戻って、被後見人さん宅。不動産の売却を進めていますが、同居されている親族さんの処遇の問題があるので、地域包括の方、民生委員さんにも同席してもらいました。

少し離れた場所に出掛ける時には、時間調整とトイレ休憩にSAを利用。場合によっては食事を取る場所ともなります。

|

« 医師の説明を聞く機会が増えてしまう | トップページ | 住所異動の手続きの不思議 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)