« 「亡くなり方」を考えられる人は少ない | トップページ | 相続税課税のお客様が増加傾向に »

2019年10月25日 (金)

自分しか分からないことは作らない

011025

朝からお客様宅で打ち合わせ。一度事務所に戻って車で出掛ける予定が、時間切れで戻れず、そのまま金融機関まで設定書類のお預かりに。

三国ヶ丘に向かう南海高野線・中百舌鳥駅の時刻表。日中は1時間に6本しか電車がありませんが、電車と電車の間の間隔が不規則。2駅のために15分待ちは厳し過ぎます。

三国ヶ丘駅と中百舌鳥駅。他路線との乗り換え駅を冷遇するのが南海の方針、だと受け止めています。

昼食を食べながら、しばらく事務所で過ごして、和泉市での打ち合わせに出発。

今週は外出時間が多くて、拘束時間の長い予定も多くて、なかなか厳しい一週間。しかし、事務担当が事務所に居てくれるおかげで、事務所が回っています。「女性の方が内容を把握されてるので、びっくりしました」とお客様から言われることもありますが、それが私の事務所の隠れた特徴です。私しか分からないことは作らない、は意識してやっています。

|

« 「亡くなり方」を考えられる人は少ない | トップページ | 相続税課税のお客様が増加傾向に »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)