« あれやこれやと同時並行 | トップページ | 司法書士費用の振込手数料は »

2019年9月18日 (水)

登記には掘り下げきれない深さがある

010810_20190918205801「9月末」申請の案件、1件キャンセルになりましたが、抜けたところに別件が入りました。金融機関7社が関与される大型案件です。

30日が月曜日で、前の週27日(金)の予定が詰まっているので、実質の準備期間は26日(木)まで。あと一週間と考えると、今月も残りわずかです。

相続登記の書類は、書類の取りまとめをして、相続人各位に発送の準備。依頼者の方から、率直な意見をお聞きしていると、法務局の考え方は特殊。むしろ、率直な意見のほうが常識的と感じます。

二次相続が発生している場合に、1本で登記ができる場合と、1本で登記できない場合があるとか、司法書士は理屈で理解しているから、そういうものだと考えていますが、ご説明すればするほど、理屈っぽくなります。

その特殊さゆえ、弁護士さんが関与されている案件でも、「登記は司法書士に」とご依頼があります。登記は、司法書士自身も、掘り下げきけない深さがあるのですが、同じことをさせてもらうとしても、それが分かって下さっているかどうかは、大きな違いです。

|

« あれやこれやと同時並行 | トップページ | 司法書士費用の振込手数料は »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)