« 司法書士報酬に対する消費税も10%に | トップページ | あれやこれやと同時並行 »

2019年9月16日 (月)

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」

010916

社会人ラグビーチームを舞台にした「ノーサイド・ゲーム」は、昨夜が最終回。逆境を跳ね返したGMは、サラリーマンとして最高の仕事をしました。チームも優勝してハッピーエンド。

原作は、あの「半沢直樹」と同じく池井戸潤作。改めて読みたいです。

ドラマの最後で、元GMによるこんなセリフがありました。

「今、世の中は、どんどん理不尽なことがまかり通る時代になっています。でも、だからこそ、ラグビーというスポーツが必要なんじゃないでしょうか。ノーサイドという精神は、日本だけでしか通用しない、日本ラグビーのおとぎ話かもしれない。でも、今、この世界だからこそ必要なんだと思う。」

傍から見ておかしなことをやっている組織は、いずれ滅びる。駆け引きではなく、真面目に努力している人が、最後はいい結果を出せる世の中であって欲しい。但し、努力をするとしても、正しい努力をしないといけない。

そんなことを伝えてくれたドラマでした。

|

« 司法書士報酬に対する消費税も10%に | トップページ | あれやこれやと同時並行 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)