« 「たかが名変・されど名変」 | トップページ | 今のところ「現金派」で変わらず »

2019年9月30日 (月)

相続登記から不動産売却まで見届けます

010930

朝から伊丹の法務局に登記申請。月曜日の朝&月末ということで阪神高速は渋滞でしたが、予定通り8時20分に到着。
事務所に戻ると金融機関7社に受付の証明書をFAXして、あとは登記の完了待ち。まさしく「準備が9割」です。

期日指定の業務を終えて、午後からは、新規のご相談。相続登記のご依頼。不動産の売却までお手伝いする前提で、スタートしました。

「自分だったら、どこの不動産業者さんに駆け込むのか」と考えると、結構勇気の要る話です。いきなりお店まで出向くのは抵抗があるので、とりあえずホームページから相談に乗ってくれそうなところを探して、連絡してみるでしょうか。それとも、折り込みチラシでよく見ている業者さんに連絡してみる、のかもしれません。

「司法書士事務所探し」で、ひとつのハードルを乗り越えて下さったお客様に、もうひと手間を掛けないように。相続登記のお客様に限りませんが、「不動産業者さんをご紹介させてもらって、私も最後まで見届けます」というスタンスは、結構喜んでもらっています。

|

« 「たかが名変・されど名変」 | トップページ | 今のところ「現金派」で変わらず »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)