« 夏季休暇を前にして | トップページ | 司法書士にとっての仕入れ »

2019年8月 9日 (金)

送りつける情報の限界

Kanban3_20190809204901夏季休暇前の一日。電話も少なくて、来客も訪問もなし。何とか無事に、夏季休暇に滑り込めます。

明日から6日間のお休み。事務所の電話は取りません。

業務のご依頼を受けているお客様は、吉田事務所のLINE@をご利用ください。IDは「@y5755」です。

事務所のLINEは、長い間「試用中」。

LINEは便利ですが、時間を問わずに連絡して来られるデメリットは、確実に存在します。本来、対価をいただいて情報を提供すべきところ、軽い気持ちで連絡ができて、私も答えてしまう。継続的にご依頼いただいているお客様はそれでいいのですが、「今日は休みですよ」「今、何時ですか?」と言いたくなることもあります。

また、LINE@を使った、一方的に流す「情報提供」も難しいです。

参考までに同業者である司法書士。有名なところでは、「弁護士ドットコム」の登録もしていますが、求めていないタイミングで送られると、読まない。弁護士ドットコムは、タメになる記事が書かれていると思うのですが、送りつけられる情報には限界があります。

|

« 夏季休暇を前にして | トップページ | 司法書士にとっての仕入れ »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)