« 近鉄百貨店で「回るお菓子」 | トップページ | 分厚い目のタオルを持ち運ぶ »

2019年8月16日 (金)

賃貸業から司法書士業務を見てみる

010816

夏季休暇が明けて、今日から日常に。
まだお休みの方もおられるようなので、溜まった郵便物を開封しながら、今日は、こちらから電話したり、メール入れてお仕事を動かすのは止めようと、そう考えていました。

午後からは、大阪市内で不動産売買。

安い不動産を購入して、リフォームをして、賃貸業をしてみることにしました。
何事もやってみないと分からない。物件代金が重要で、リフォーム代や不動産取得税、登録免許税に仲介手数料が必要。分かるのです。値切る余地があるとしたら、司法書士報酬の部分であることを。。。

そんなことは、賃貸業をしなくても分かることですが、見えていないモノが少しでも見えるようになって、それもまた司法書士業務に還元できればと思い、チャレンジしてみます。

|

« 近鉄百貨店で「回るお菓子」 | トップページ | 分厚い目のタオルを持ち運ぶ »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)