« 送りつける情報の限界 | トップページ | お墓参りで考えること・・・ »

2019年8月10日 (土)

司法書士にとっての仕入れ

010810

夏季休暇初日は、日常業務の延長で終了。
手紙を整えたり、調べ物をしたり。

不動産登記では、司法書士試験の書式に出てくるような論点に悩んでいて、同じテーマの専門書を横断的に見ています。

「司法書士には仕入れがない」と見られることもありますが、事務所の中にある書籍代、全部足したらいくらになるでしょう。目に見えないモノを元に対価をいただいているようでいて、投資の金額もそれなりに、です。

受験時代のテキストも手に取りましたが、基本書1冊が4,200円もするのを見て、びっくりでした。専門書1冊4,000円というのは、今でも躊躇する金額のライン。

よく投資をしたもの、正確には、司法書士受験生の1年目は、親に授業料を出してもらっているので、よく投資してくれたもの、です。

|

« 送りつける情報の限界 | トップページ | お墓参りで考えること・・・ »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)