« 天候不順と体調不良 | トップページ | 人の死は100%の確率で訪れること »

2019年8月26日 (月)

金融機関の対応はそんなもの

010826

今日は、時間指定の予定はなし。
しかし、朝から電話が鳴り続け、私からも連絡しないといけないことはご連絡し、連絡が錯綜しておりました。

外出は、堺の法務局での書類の回収。登記用の固定資産評価証明書を取得するための通知書に印鑑をもらい、高石市役所に向かいました。大阪狭山市には郵送で申請。

いつもとは違う方向から堺東に下りていったので、建築中のマンションが違う方向から見えました。結構、真横を電車が通っています。

個人再生の住宅ローンの取り扱いをめぐっては、金融機関の対応が理解できなかったので、思い切って本部に直接連絡してみたところ、「対応を誤っていました」と、すぐに支店から連絡ありました。

分かっていて言われているのか、分からずに言われているのか、その見極めからして難しいのですが、金融機関の窓口の対応もろもろ、そんなものと思っています。

|

« 天候不順と体調不良 | トップページ | 人の死は100%の確率で訪れること »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)