« 「素人が決めたことが全て」は難しい | トップページ | 「仕事が片付いた~」ということはない »

2019年8月22日 (木)

相続登記からの不動産売却の手続き

010822

午前中は、明け渡し訴訟の現場訪問。付郵便送達ための現地調査です。

一般の訴訟業務、長い間「お受けしない業務」と決めてきましたが、古くからお付き合いのあるお客様であるため。司法書士業務も広くなって、限られた時間、得意なことに絞りたいと考えています。

堺東の法務局で、完了した登記の書類を回収。市役所の前に、「社会実験やってます」という木の椅子のようなものが並んでいましたが、趣旨が不明です。

午後からは、相続手続き中のお客様宅にご訪問。相続登記は早々に完了していますが、預貯金や証券会社の相続手続き。

それと、相続された不動産を売却した時の、空き家の3000万円控除。今のところ、今年末までの制度ということになっているので、年末までに解決できるよう、不動産の売却活動と並行して、荷物の整理、測量や解体の段取りも並行して進めてもらっています。

|

« 「素人が決めたことが全て」は難しい | トップページ | 「仕事が片付いた~」ということはない »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)