« 人の死は100%の確率で訪れること | トップページ | 未登記建物のまま売買の手続き »

2019年8月28日 (水)

1人より2人、2人より3人

Panfu_20190828195601午前中は、被保佐人さん宅訪問。生活費の補充。支援者の方とも、近況報告と意見交換。

明日の不動産売買の準備、相続の打ち合わせの準備。

明後日にご捺印の登記の件も準備。事務所内でも意見を出し合って、時間がかかりましたが、最善の方法を選択できた気がします。

私の感覚として、1人でやっていると、ケアレスミスが生じやすい、という面がありますが、1人で考えるより2人。2人で考えるより3人。もっと広い視野で、方法や手段を間違えていないのか、複数の目でチェックするのは有効です。

新規のご相談は、思っておられた費用ではなかったとのことで、受任せず。費用はホームページで告知してあるのですが、言葉足らずだったと気付き、付け加えしました。安い事務所があるのは知っていますが、そういう金額ではあえてやらない、つもりです。

|

« 人の死は100%の確率で訪れること | トップページ | 未登記建物のまま売買の手続き »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)