« 「日中は事務所に電話をお願いします」 | トップページ | 5日連続で大阪市内に »

2019年7月 3日 (水)

延命治療の確認は誰のため・・・

300922今日は、当日予約の打ち合わせ1件。

被後見人さんの病院、ICUで医師の説明を聞く。

それと、事務所で新規のご相談です。

医師との打ち合わせ、延命治療の確認では、ある時、もの凄く強引な医師がいて、嫌な思いをしたことがありましたが、大きな病院ほど、どっしりとされている気がします。

ある時は、後見人である私に説明をされた後、医師が自分で手術の同意書にサインをされたことがありました。それが正しいやり方かどうかは分かりませんが、責任というか、覚悟というか、背負っているものの大きさが伝わったものです。

司法書士が背負っている責任も、依頼者の方に理解してもらえず、もどかしい思いをすることがありますが、責任を保全するためなら何をやってもいい、例えて言うなら、他人の家に土足で入ってもいいとは思わないので、万事バランスを考えて行動すべし、と考えています。

|

« 「日中は事務所に電話をお願いします」 | トップページ | 5日連続で大阪市内に »

司法書士の日常」カテゴリの記事