« 「日本一稼ぐ弁護士の仕事術」 | トップページ | 7月なって届く3枚の証明書 »

2019年7月22日 (月)

相続登記は奥が深い分野

Panfu-souzoku午前中は、高石で不動産売買の立ち会い。ほぼ1か月ぶりくらいで、スーツのズボンを履きました。

個人のお客様のお仕事が多い中でも、成年後見に使う時間が多くなってきましたし、特に、初めてお会いする高齢者の方は、「スーツ姿の男性」というだけで、警戒感を示されることがあります。

スーツじゃなくても、革靴じゃなくても、一応気を遣った格好をしていればいいんじゃないかと考えて、最近はほぼ、イオンで買ったようなズボンとポロシャツ姿です。動きやすさが全然違います。

午後からは、相続登記の打ち合わせ。

「無料法律相談」では違うことを言われた、とのことでしたので、どうしてなのか。私が間違えているのかという可能性も考えてみましたが、手続き論。よくあるケースなので、間違えてはいないはず。。。

亡くなられる順番が違うと結論が異なったり、ちょっとした前提の違いで必要書類が違ったり、最近では、不動産を売却した時に使える「空き家の3000万円控除」の要件を満たすためには・・・という論点もあって、相続手続きの中の相続登記だけでも、実に奥が深い分野です。

|

« 「日本一稼ぐ弁護士の仕事術」 | トップページ | 7月なって届く3枚の証明書 »

司法書士の日常」カテゴリの記事