« 連休明けの総合病院は行列 | トップページ | 預貯金の相続手続きはさまざま »

2019年7月17日 (水)

「ご飯を食べる」ための人間の機能

010717

朝から忠岡訪問。南海本線羽衣駅には、久しぶりに行きましたが、もう少しで工事が終わる感じ。立派なタワーマンションが建っています。

事務所に戻ってからは、金融機関で相続の手続き。代理人である「司法書士の印鑑証明書」は、司法書士会発行の職印証明書か、個人の印鑑証明書かも含めてローカルルールがあるので、その都度確認しながら進めます。

被後見人さんの施設訪問。一時は危険な状態で、覚悟していましたが、ご飯を食べられるまで回復された、ということで安心です。

「ご飯を食べる」というのは、日頃当たり前のように考えていますが、人間にとって重要なことで、飲み込む機能が弱ると、例え点滴だけの方であったり、「胃ろう」をしている方であっても、「誤嚥」ということが起こりえます。「誤嚥性肺炎」というのは、私が関与させてもらっている被後見人さんらに多い死亡原因です。

|

« 連休明けの総合病院は行列 | トップページ | 預貯金の相続手続きはさまざま »

司法書士の日常」カテゴリの記事