« 「相続分の譲渡」を利用した相続手続き | トップページ | 祖母の三回忌 »

2019年7月12日 (金)

被後見人さんらとの年齢差

010712今日は、自己破産の手続きについて、弁護士さんをご紹介。後見の新規のご相談。相続の新規のご相談。

綱渡りのスケジュールでしたが、天下茶屋を起点として、南北に移動しました。

自己破産の手続きは、「同時廃止で大丈夫だろう」という見通しが、自分の中で確実な場合は引き続きお受けしますが、管財事件になった場合、依頼者に不利益が及ぶ(予納金に違いを設けられる)可能性があるので、確実だと思えない場合は、最初から弁護士さんにお願いすることにしています。

後見の申立は、書面審理の要件(大阪家裁・後見の申立・親族の申立・候補者がリーガル登録の司法書士)を備えているので、初めて使ってみます。申立人となられる親族の方がおられるケース、というのは、私の事務所では久しぶりです。

新しく保佐開始の審判が出た事案もあります。保佐人となった私との年齢差が、今までの方の中で、一番小さいことになります。

自分の中では、長い間、被後見人さんとの年齢差は「30歳以上あること」という何となくの決まりがありましたが、そうは言ってられなくなったので、「体調の管理には気を付けよう」ということを改めて考えています。

|

« 「相続分の譲渡」を利用した相続手続き | トップページ | 祖母の三回忌 »

司法書士の日常」カテゴリの記事