« 言われる前思われる前に | トップページ | 「財を残すは下、業を残すは中・・・」 »

2019年6月12日 (水)

トランクルームの中身は想定外の

010612

朝から被保佐人さん宅訪問。

被後見人さんのトランクルームの契約。後見人に選任される前に、荷物が運び込まれていた場所に足を踏み入れましたが、ほとんどが仏壇関係。遺骨もあって、そういうオチがあったとは、でした。

とはいえ、後見関係業務で仏壇に触ることは珍しいことでなく、事務所で仏壇や遺骨を預かざるを得ないこともあります。

淀川区役所では、介護保険や医療保険関係の郵便物を、後見人の事務所を送付先に変更する手続き。大阪市内で取得べき住民票や戸籍謄本もあったので、先に市民課で申請しておいて、その間に手続きしていましたが、大阪市内の区役所で証明書関係を取るのは、やはり待ち時間が長過ぎます。

事務所に戻ってからは、打ち合わせ1件。

半日外に居たので、持ち帰った書類、届いていた郵便物。かかってくる電話へのご対応で大混乱でした。

|

« 言われる前思われる前に | トップページ | 「財を残すは下、業を残すは中・・・」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事