« 2路線使える三国ヶ丘の利便性 | トップページ | 土台がしっかりしていれば歪みにくい »

2019年6月27日 (木)

売買は金融機関に集合!の常識

010627

今日は、淀屋橋で不動産売買の立会い。駅直結のビルは、雨の中外に出る必要もなくて、便利です。そのまま、谷町4丁目の大阪法務局に申請。

大阪サミットによる交通規制が始まり、多少身構える気持ちで出向いた大阪市内ですが、電車の乗客も明らかに少ない。法務局内の人も少なくて、今週、大阪本局に出向くのは3回目でしたが、一昨日に申請した分まで、登記が完了しています。

ところで、不動産の売買代金の授受は、金融機関の応接を借りたり、待合スペースを使わせてもらうのが一般的ですが、遠隔で振り込みされることも増えてきました。

手元でネット回線につながれば、振り込み限度額の問題はあれど、インターネットバンキングを使えば済みますし、着金確認も簡単です。取引のある金融機関であれば、事前に伝票を預けておいて、電話1本で振り込みの指示をされる、ということもあります。

少なくとも、金融機関の融資が絡まない売買については、「銀行で集合!」という常識が崩れてもいいのではないか、と思います。

|

« 2路線使える三国ヶ丘の利便性 | トップページ | 土台がしっかりしていれば歪みにくい »

司法書士の日常」カテゴリの記事