« 法テラスを利用した自己破産の申立 | トップページ | 事務所移転からもうすぐ5年 »

2019年5月17日 (金)

相続手続きで住民票が必要な場面

010517

今日も、新規のご依頼1件。

今週は、毎日複数のお問い合わせがあって、毎日業務のご依頼をいただいて、事務所の運営上、理想的な状態ではありますが、一方では、「毎日業務が完結していくか」と考えると、そういうわけにはいかないので、舞台裏で事務の遅滞が生じないように、ということは常に気にしています。

よく、休日の飲食店に入口で待ちされて、やっと入れたら、結構空席があるやん、と思うこと、あります。入口で待たされるから満席状態・・・というわけではなくて、調理でパンクしないよう、調節してお客さんを入れているだけ、ということです。

さて、今日は、私自身は、金融機関で後見人就任の届出と、相続登記に使う住所証明書の取得で堺市役所に。

被相続人(亡くなられた方)の住民票。年金の手続きでは必要ですが、金融機関の相続では必要ないので、「相続手続き」という括りで考えると、相続登記特有の必要書類です。しかも、ただ住民票を出せばいい、というわけではなく、「登記簿上の住所」からのつながりを証明しないといけない、という独特の論点があります。

堺市役所の駐輪場が、臨時で法務局前の空き地に移転していました。

|

« 法テラスを利用した自己破産の申立 | トップページ | 事務所移転からもうすぐ5年 »

司法書士の日常」カテゴリの記事