« 後見手続きの理想と現実 | トップページ | 来客用スリッパを入れ替え »

2019年5月22日 (水)

税金のことは税務署に・・・は基本として

010522

今日は、金融機関で住宅ローンの契約に同席。委任状等にご捺印をいただき、登記関係の書類をお預かりし、退席させてもらいます。

午後からは、税務署での相談に付き添い。

税務署は、本来、司法書士が立ち入る場所ではないのですが、お受けしている登記について、お客様が税務署に聞いてこられた内容に疑問を感じたので、同行させてもらうことにしました。

「税金のことは、税務署か税理士さんに」は基本スタンスですが、契約や登記の内容が、税務署や税理士さんに正しく伝わらないと、間違いが生じてしまう恐れがあります。場合によっては、司法書士がフォローさせてもらう必要と共に、基本的な知識は、司法書士も備えておかないといけない、ということになります。

夕方には、被後見人さんの施設訪問。他の入所者の方から「こんにちは」と言ってもらいます。お風呂から上がってこられるまでの間、施設流れていた相撲のテレビを見て、待たせてもらいました。

|

« 後見手続きの理想と現実 | トップページ | 来客用スリッパを入れ替え »

司法書士の日常」カテゴリの記事