« 「令和元年」or「令和1年」 | トップページ | 営業の電話も紛らわしいため »

2019年5月26日 (日)

『嫌われる勇気』

Kishimi

「嫌われる勇気(岸見一郎、古賀史健著)」

タイトルから想像していた内容とは違い、『アドラー心理学』の考え方を伝えられた本。「青年」と「哲人」の対話形式で、本来は難しいはずの心理学の世界を、事例を出しながら伝えてくれています。

「自慢する人は、偽りの優越感に浸る」とか、「子供が非行に走るのは親への復讐である」とか、「承認欲求を否定する」の話なんか、分かりやすいです。読んでいるうちに、面白くなって、止まらなくなりました。

「嫌われたくない」という言葉は、158ページになって初めて出てきますが、「承認欲求の裏返し」とのこと。

アドラー心理学の考え方を、理解しきれたわけではありませんし、本当にそうかな?と思う部分もありましたが、この本によって、モノの見方は間違いなく変わります。帯には「大切な人に贈りたい本」とありますが、その通りの内容でした。

|

« 「令和元年」or「令和1年」 | トップページ | 営業の電話も紛らわしいため »

読書・映画の話」カテゴリの記事