« 平日一日を空けて審判の確定 | トップページ | 営業的なシーンは見たくない場所 »

2019年5月 9日 (木)

「実費はどこでも一緒」とは限らない

Topimg05今日は、新規のご相談が2件。

登記の手続きについては、ご相談料と見積書の作成費用として、ひとまず2,160円(30分)をいただいてお受けしました。

例えば電話などで、「まずは見積書を・・・」と簡単に言われることもありますが、特に、所有権の移転を伴う場合は、固定資産評価額を調べないといけないし、これまた特に、マンションの場合は、共用部分が多いと、割り算・掛け算でも時間を使います。

なので、「相見積もり取られるのかな~」と感じる時は、「実費を除いた報酬でいくらです」とお伝えするのですが、その司法書士事務所の報酬形態で、本来は報酬に含まれるはずの実費が「その他費用」として載せられていることもあって、「実費はどの司法書士事務所でも一緒」というわけにもいきません。

後見人から、法テラスを使った自己破産について、法テラスと何度かやり取りしていました。

「収入要件の審査は、申込人である後見人を基準とします」と言われましたが、相談者とお話ししていると、どうも腑に落ちない。「では、立替金の償還は後見人のお金でしていくのですか」と問うたところで、「収入要件は被後見人を基準とする」という見解にひっくり返りました。

|

« 平日一日を空けて審判の確定 | トップページ | 営業的なシーンは見たくない場所 »

司法書士の日常」カテゴリの記事