« 株式会社の「みなし解散」の問題 | トップページ | 相続開始後に役所から還付されるお金 »

2019年4月15日 (月)

不動産の評価証明書と名寄帳

310415今日は、元々は相続・贈与の打ち合わせ1件の予定のみ。しかし、生命保険を活用できるのではないかと考えてご提案。

こういう時のために、私自身が生命保険の代理店登録をしていますが、代理店報酬は微々たるもので、ノルマもないので、お客様に本当にメリットがある時だけお勧めする。無理に契約してもらうようなことはしない。この2点は基本としてあります。

固定資産税評価証明書と名寄帳の取得のため、三国ヶ丘にある堺市の固定資産税事務所に行きました。

評価証明書は有料ですが、堺市の場合、名寄帳は無料。普段、登記用に取得している評価証明書(法務局の印鑑をもらってから、市役所の窓口に行って取得)も無料ですが、「物件漏れを防ぐ」という趣旨からも、名寄帳をもっと活用していいのかもしれません。

名寄帳には、発行者である役所の印鑑が押されていませんが、登記の添付書面としても通用しています。

|

« 株式会社の「みなし解散」の問題 | トップページ | 相続開始後に役所から還付されるお金 »

司法書士の日常」カテゴリの記事