« 登記の世界は「元号」表記 | トップページ | 「至急扱い」の場合など »

2019年4月 8日 (月)

「価値あるタクシー代」と思いたい

310408

月曜日の朝は、 金融機関の相続手続き・・・の予定でおりましたが、いきなり事務仕事で追い詰められているので、事務所に籠ることに。

午後からは、大阪市内の会社さん訪問で、登記の書類にご捺印。税理士さんとバッタリでしたが、今後の事業のお話も交えて、顧問税理士さんとの同席は貴重な機会です。

淀屋橋から大阪法務局への移動。いつもは京阪電車を使っていましたが、今日は時間の節約にタクシー。「価値ある900円」と思いたいです。

大阪法務局からは堺の法務局に回って、完了した登記の謄本を回収。本局に行くならば、本局で取ってもよかったのですが、管轄のある堺の法務局には、私の事務所の私書箱があって、登記が完了する度に、登記簿謄本を入れ込んでいます。

高石の会社さんに、登記完了書類のお届け。

新しいお仕事に、しばらく止まっていたお仕事が動き出したり、まだできていないお仕事にお電話をもらったり、週の始まりから追われてのスタートです。

|

« 登記の世界は「元号」表記 | トップページ | 「至急扱い」の場合など »

司法書士の日常」カテゴリの記事