« 究極の相続対策は家族仲良くすること | トップページ | 伝わりやすく分かりやすく »

2019年4月18日 (木)

法務局内でさらに分厚くなる登記申請書類

310418

今日は、予定が1件キャンセル。その整理に時間がかかったのと、空いた時間にすっぽりと、法務局まで補正の用事です。

補正というのは、不備があるから修正・訂正しなさいということなので、司法書士にとっては不名誉なことなのですが、堺の法務局。インターフォンで法務局職員を呼び出すシステムになっているのは、知りませんでした。また、元々分厚い書類でしたが、法務局内で、さらに書類が分厚くなっていました。

役所での手続き、電子化を推進したら、紙の量を減らせるだろうという考えは間違い、であります。

夜は、堺市内、親族内贈与の登記関係書類へのご捺印に訪問。
贈与の原因日付は、「令和元年5月1日」ということになりました。

残念ながら祝日なので、「5月1日」を会社の設立日とすることはできませんが(会社設立の場合、法務局への申請日が設立日となる)、10連休明け、やることが満載になりそうです。

|

« 究極の相続対策は家族仲良くすること | トップページ | 伝わりやすく分かりやすく »

司法書士の日常」カテゴリの記事