« 4月の業務「まとめ」 | トップページ | 「ホリエモン式飲食店経営」 »

2019年4月28日 (日)

「令和」スタンプを使ってみた

310428

一旦は「要らない」と結論を出した『令和スタンプ』ですが、どんなものかと買ってみました。

司法書士と行政書士の職務上請求書で試してみると、あれば便利なのかなと(その都度押すのではなく、まとめて押してしまう)思います。ひとサイズが小さくて、横線とセットになったものも、発注しています。

パソコンで保存している基本書式も、「平成」→「令和」「令和元年」と打ち変えていました。想像以上の分量に挫折しそうになりましたが、元号が混在してややこしくなる前に、まとめてやってしまうのが効率的でしょう。

もちろん辞書機能を使って、「れ」とひと文字打つと、「令和」「令和元年」と変換されるようにしています。かな入力です。

住所が、前住所の『4丁4番1号』のままになっている書式は、少なくとも「5年間は使っていない」ということなので、原本書式から削除しました。

任意整理の和解契約書のひな型を見ると、すっかりと使わなくなったと(特に返済をする場合は、債権者側で和解契約書を作ってくることが多い)、感慨深いものがあります。

|

« 4月の業務「まとめ」 | トップページ | 「ホリエモン式飲食店経営」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)