« 阪和線から環状線への直通の快速 | トップページ | 10連休を前に心のバランスを取る »

2019年4月25日 (木)

暖房から冷房への切り替えの時期

Dsc_5367朝から被保佐人さん宅訪問。エアコンや電気カーペットで室内の温度が上がり過ぎてしまうこと、関係者の連絡ノートに度々記されていましたが、朝と昼の温度差が大きくて、体調の管理が難しい時期。

事務所では、すでに冷房が入り初めていますが、自分で付けたり消したり、暖房や冷房の切り替えができなくなると、身体にはその分負担がかかることになります。

午後からは、相続のご相談。登記費用の見積もり、売却に向けた不動産の査定書の手配。場合によっては、動産処分費用の見積もり、測量費用の見積もりも段取りさせてもらうことになります。

連休明けは立て込むのが確実なので、「連休までにすること」として書き出していること、明日のうちに何とか、です。

|

« 阪和線から環状線への直通の快速 | トップページ | 10連休を前に心のバランスを取る »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)