« 「価値あるタクシー代」と思いたい | トップページ | 登記完了まで「中一日」のサイクル »

2019年4月 9日 (火)

「至急扱い」の場合など

朝から大阪簡裁。今回は、被告訴訟代理人としての参加です。310409

簡易裁判所に立ち入る場面は、めっきりと減りました。開廷表を見ると、10時開始、10時半開始の事件数はたくさん記載されているものの、法廷で順番待ちをする人の数は極端に少ないです。

午後からは、13時、15時と来客続き。いずれも相続手続きの打ち合わせ。

16時半からは会社さん訪問。当日ご依頼の変更登記でしたが、ご捺印をいただきました。

継続的にご依頼いただけるお客様かどうか、お仕事の内容で差が生じるわけではないですが、「至急扱い」の場合であるとか、特別なご事情があればご配慮しやすくなる、という部分はあります。

一方、例えばですが、「初回の割引」。これは真逆の行為になるので、やりません。仮に割引をさせてもらうとしたら、継続的にご依頼いただけるお客様対象です。

|

« 「価値あるタクシー代」と思いたい | トップページ | 登記完了まで「中一日」のサイクル »

司法書士の日常」カテゴリの記事