« 「申告」する理由にも場合分けが必要 | トップページ | 口頭のご質問にも返事は記録に残す »

2019年3月 6日 (水)

「省略なし」の住民票でもマイナンバーは不要

Uketsuke今日は、新規のご相談。
土地家屋調査士さんも交えて、登記の打ち合わせ。
金融機関の方との打ち合わせ。

お客様が入りやすい事務所を目指すと、飛び込み営業も入りやすくなるのか、その間も何度も玄関でガチャガチャとしていました。電話も訪問もお断り、です。

抵当権抹消登記の申請と、消滅時効援用の内容証明郵便の発送。

ところで、お客様に住民票を取っていただく場合、「本籍」「続柄」「マイナンバー」のどの情報が必要なのか、なるべく細かいご指定をすることにしました。

大は小を兼ねるので、「省略なし」で指定すると、司法書士の業務で困ることはないのですが、不要な情報は得たくありませんし、少なくともマイナンバーが入ると差し支える可能性が出てくるので、今のところは、「司法書士が求める住民票にマイナンバーは不要」です。

|

« 「申告」する理由にも場合分けが必要 | トップページ | 口頭のご質問にも返事は記録に残す »

司法書士の日常」カテゴリの記事