« クリアホルダー500枚まとめ買い | トップページ | 後見等申立時の診断書様式の変更と »

2019年3月10日 (日)

「外貨建て」と「一時払い」保険のデメリット

310310今日の読売新聞の社説には、「保険トラブル」。
『「貯蓄から投資へ」に水を差す』の記事がありました。

米ドルなどで運用する貯蓄性の外貨建て保険をめぐって、トラブルが急増している、とのことです。

●一時払い終身保険など、貯蓄性の高い保険でも、短期間で解約すると元本割れするのは、円建ての保険でも同じ。
●米ドルなど、外貨建ての商品であれば、預金であっても為替リスクは同じなので、為替が逆の方向にいってる時に解約すると、元本割れするのは同じ。

金融商品では、私自身、今までに痛い思いをしたこともありますが、ドル建て、ユーロ建ての保険も長期で持っているので、「外貨建てだから」といって危険なものではないです。

説明不足で契約をさせたり、高齢者を食い物にするというのは別問題として、契約者側も、メリットに過度に期待するという部分もあるような気がするので、

国民に対する啓蒙活動というか、免疫を作るというか、為替がどうなったら、円の価値がどうなるのか。企業の業績がどう動くのかといった教育は、必要なんじゃないかなと思います。

|

« クリアホルダー500枚まとめ買い | トップページ | 後見等申立時の診断書様式の変更と »

お金の話」カテゴリの記事