« 恵みの三連休は籠って事務仕事 | トップページ | 三国ヶ丘庁舎に未登記建物の名義変更届 »

2019年2月11日 (月)

「年齢差30歳差」の基準

Panfu「後見人に就任させてもらうのは、年齢差30歳以上」を基準に考えていましたが、年齢差がそれ以内の方の成年後見人、おふたりで務めさせてもらっています。

年齢差30歳でも、100歳まで生きられたら私は70歳ですから、司法書士をやっていられるのかどうか、全く自信はありません。

そんな中、昨年は縁あって任意後見の契約をし、「任意後見受任者」とならせてもらっている方がおられます。私にとっては大きな出来事で、「この方のためにも健康でいないと」という思いは、ご本人の前でもお話ししていることです。

どんなに出来た人であっても、年齢を積み重ねないと、見えていないことがあります。「見えていないということが見えていない」というのが、恐いことです。

年齢差がある中でも、信用してもらうに足りる人間なのかどうか、自分の中でハードルを課していきたいと思います。

|

« 恵みの三連休は籠って事務仕事 | トップページ | 三国ヶ丘庁舎に未登記建物の名義変更届 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事