« 月末感が漂う25日 | トップページ | 初めての「なんばスカイオ」 »

2019年2月26日 (火)

消滅時効援用と過去の支払督促

310226今日もきれいな晴天。

事務所で相続手続きの打ち合わせ。
会社さん訪問で、登記の打ち合わせ。

消滅時効援用の内容証明郵便発送。
法テラス利用ですが、時効援用(代理人)の報酬と、自己破産(書類作成)の関係が、全くもって釣り合っていません。自己破産の申立書類の作成は、手間がかかる時は、ものすごく労力を取られるのです。

訴訟の被告代理人となっている民事訴訟では、電話で和解の交渉。

支払督促に対し、消滅時効になっているだろうという認識で介入しましたが、今回が二度目の支払督促であり、過去の支払督促で時効が中断していた、という結論。された側は忘れられやすいのか、支払督促には、何度か痛い目に遇わされています。

|

« 月末感が漂う25日 | トップページ | 初めての「なんばスカイオ」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事