« 元後見人としての手続き | トップページ | 何でも「表紙」を付けてお返しするのは罪 »

2019年1月16日 (水)

債務整理にあったはずの共通の思い

Denwa今日は9時前から電話がスタートし、何件か、10時まで電話が続きました。

今更ながらですが、司法書士である自分の立ち位置として、敵対する当事者の一方の側に付いて、相手方に対して何かをするとか、相手を負かすとか、白か黒かではなくて、「調整役」「双方代理」。そんな立場が合っているように思います。

午後からは、お客様宅。
土地家屋調査士さんのご紹介と、登記の方向整理。

夕方は、新規のご相談。
任意整理の受任。

任意整理も、「敵対する相手方との争い」という部分もあるのですが、根本にある共通の願いとしてあったはずの、債務者の経済的再生。そういうことを忘れ、攻撃し合うようになったので、債務整理の世界も、ずれたものになってしまいました。

|

« 元後見人としての手続き | トップページ | 何でも「表紙」を付けてお返しするのは罪 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)