« 火災保険・地震保険~葬祭費の話 | トップページ | 堺管轄の登記完了は元々早い »

2019年1月 9日 (水)

「見積書」と「請求書」の通し番号

310109今日は、被保佐人さん宅の定期訪問。
1万円札をつかまれ、「これ、いつものお礼」と、ケアマネさんと私に1万円ずつ渡そうとされましたが、受け取るわけにはいきません。

年末に申請していた登記が、着々と戻ってきます。

請求書も見積書も、毎年「001」から始まるので、この時期にたくさん切って、早い時期に2ケタに乗せたいところ。

司法書士専用ソフトで作成している見積書、請求書には、誤魔化しの利かない「通し番号」が入るので、ふとしたタイミングで他の事務所さんの番号が見えると、「へぇ~」というのが分かることになります。お客様には関係ないですが。

事務所内外の気温差で、珍しく、事務所の扉が曇っていました。
「ペアガラスは結露がない」ですが、この時期、特に寒い朝は、自宅の窓ガラスはベトベトになります。

|

« 火災保険・地震保険~葬祭費の話 | トップページ | 堺管轄の登記完了は元々早い »

司法書士の日常」カテゴリの記事