« スリッパの脱ぎ方に「その人」が出る | トップページ | 内容証明郵便で解決すること »

2018年12月 2日 (日)

「忘年会シーズン」から一線を引く

20170723一旦崩れた体内時計は戻らないので、日曜日でも「いつもの2時間前」に目が覚めます。

おそらく、元旦までこのままなので、少しでも早く寝て、睡眠時間の確保と、体調の維持に努めます。

それが、結果的に、仕事時間の確保につながります。

世間的には、「忘年会シーズン」です。
しかし、私自身、忘年会から距離を置いて、もう何年にもなります。

自分から企画しておいて、体調を崩してしんどい思いをしたり、声を掛けてもらっても、時間のやり繰りが厳しい時期。事務所の忘年会も、別に忙しい時期にやらなくてもいいじゃない?と思うので、多分ありません。

自分が本当に好きで参加するならいいですが、「お付き合い」「営業」という要素が少しでも入ると、しんどいだけ。

忘年会に行かないことで途切れる付き合いならば、それはそれでいいんじゃない?と割り切れると、結構楽です。

|

« スリッパの脱ぎ方に「その人」が出る | トップページ | 内容証明郵便で解決すること »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)