« 被保佐人さんの市府民税の申告 | トップページ | いよいよ年末まであと2週間 »

2018年12月15日 (土)

引越しに伴う不動産住所変更の登記

301215_2引越し社の「新生活へのお手続き」のページに、『不動産登記の住所変更の手続き』の項目がありました。

普段、「引っ越ししたら、住所変更の登記をないといけないのですか?」という質問を受けたら、「必ずしも、今、しなくても大丈夫です」とお答えするようにしています。

「今、必ずしも」というのがポイントですが、住宅ローンの完済に伴う抵当権抹消登記の時であるとか、次に何らかの登記をする機会に、一緒にすれば足ります。

もっとも、2回以上転居されて、期間が経過してしまうと、住民票だけでは住所移転の証明が付かなくなってしまう、というデメリットはあります。

また、ハウスメーカーや新築マンションなどの『提携ローン』であれば、「引き渡し後に新住所で登記」という方法が普通であることもありますし、「旧住所」「新住所」のどちらで登記をするのが一般的なのか、地域によっても違う部分もあるようです。

|

« 被保佐人さんの市府民税の申告 | トップページ | いよいよ年末まであと2週間 »

司法書士の日常」カテゴリの記事