« 「ちゃんと請求して下さい」のお言葉 | トップページ | 頭で考えることより体験が勝る »

2018年12月 9日 (日)

ドラマ「下町ロケット」と顔の表情

Panfuドラマ「下町ロケット」を見ています。

下町ロケットを見ていて思うのは、出演者が「顔」の表情で、「その人」が伝わるように演じていること。

誠実な人は誠実そうなのが「顔」を見れば分かるし、真面目な人も分かります。
一方、何かを企んでいる人、人を陥れようとしている人は、「顔」の表情で、それが分かるように演じられています。

これって、ドラマだからでしょうか。

いえ、実社会でも同じです。

ドラマであれば「わざと」演じられているところ、実社会では、意識せずして表に出てしまう。伝えるつもりがなくても、表に出てしまうところ、なおかつ、それが伝わっていることが、自分では気付いていないところが恐い部分であり、面白い部分でもあります。

|

« 「ちゃんと請求して下さい」のお言葉 | トップページ | 頭で考えることより体験が勝る »

価値観・共感した話」カテゴリの記事