« いよいよ年末まであと2週間 | トップページ | 年々増えていく事件記録への対応 »

2018年12月17日 (月)

いろいろな次元で「迷惑メール」

20171230最近、「Amazon」「Apple」「LINE」など、身近なサービスを名乗った、迷惑メールが多いです。

実際に使っているパスワードを示され、「いついつまでに、いくら支払え」という英文メールが来たと時はさすがに焦り、慌てて、思い当たるパスワードを変更したものです。

しかし、「内閣サイバー情報(注意・警戒情報)」のツイッターを教えてもらい、「あっ、これ同じのが来ていた」というのを見ることで、同じ手口が広がっていることを知ることになります。

明らかにウイルスに誘導したり、金銭を要求するようなメールは別としても、企業からのメールで「要らない」と思うこと、多々あります。

「本メールに含まれている内容は重要なため、メール配信を希望されない方にもお送りしています」って、重要だと思っているのは送信元企業の都合であって、私には興味がない。

「お客のため」のフリをして、実はコンタクトを取る機会を作りたいだけではないか。そんなことを考えたりもします。

|

« いよいよ年末まであと2週間 | トップページ | 年々増えていく事件記録への対応 »

世の中の話」カテゴリの記事