« 権利証が「情報」に変わった中でも | トップページ | 仁徳天皇陵or大仙御陵 »

2018年11月10日 (土)

二階建て司法書士事務所の特殊性

Dsc_5904昨日は午後から外出。
そのまま直帰したこともあって、事務所の中は書類が積み上がっています。

休みの日は、外から入ってくる情報(=主に電話)がないのに、ひとりで、こっちの書類を触ったかと思ったら、あっちの書類を触って。そんなことをしていると、効率が悪くて仕方がありません。

ウチの事務所の特殊性として、「2階建て」であること、があります。

フロアは間仕切りの役目もしてくれていて、2階にある私の机が、お客様から見えようがないのは最大のメリットですが、一方、コピー機は1階にしかないので、例えば、コピーを取ったりPDFにする書類については、その都度1階に下りる必要があります。

まとめて処理すればいいのに、2階に上がったのに、「あっ忘れてた…」というようなことも日常で、1階と2階を行ったり来たり。スマホの歩数計のカウントよりも相当に、多く歩いていることになります。

|

« 権利証が「情報」に変わった中でも | トップページ | 仁徳天皇陵or大仙御陵 »

司法書士の日常」カテゴリの記事

「見守り契約」で引き出しを試されます(2019.12.12)
「くれくれ」営業はしないと決める(2019.12.11)
生活保護申請のタイミング(2019.12.10)
司法書士への「生前相談」も有効(2019.12.09)
たかが掃除されど掃除(2019.12.08)