« 誰かが無償でやるしかない領域 | トップページ | 週末に近付くと予定表を「×」に »

2018年11月14日 (水)

ご家族の中に入るのは大変なこと

301114_2朝から、大阪市内。
被保佐人さん宅の訪問です。

毎回、ご家族がお休みの日にお伺いし、ご家族全体の問題を把握できるよう心掛けています。

ご家庭の中に他人が入り込んで、通帳を管理させていただくというのは、普通に考えたら大変なこと。裁判所で選ばれた人だから?司法書士だから?だから何?という感覚が、普通だと思います。

ご本人だけでなく、周囲の方にも信用してもらえないと、成り立たない役割です。

予定が被った不動産売買は、事務所の司法書士が担当。
その前に、遠方の抵当権設定登記は、金融機関の了解を得てオンライン申請。

午後からは、被後見人さんの施設~病院へ。
退院準備で、私の車に一部荷物を積み込んで移動です。

わずかな空き時間にも電話が舞い込み、なかなかハードな日々となっています。

|

« 誰かが無償でやるしかない領域 | トップページ | 週末に近付くと予定表を「×」に »

司法書士の日常」カテゴリの記事