« 医療同意や死後事務の法律は不完全 | トップページ | 名古屋出張は乗り慣れない名鉄 »

2018年11月 5日 (月)

住民票の漢字と登記で使う漢字

301105今日は、車の定期点検。
なので、自転車で行動できる範囲で、予定を済ませました。

中百舌鳥に2往復。
それと、別途、新金岡にも往復。

新金岡は、少年野球をしていた時期に通過していた場所。懐かしい。

法務局とのやり取りでは、氏名の漢字を「どの文字で登記するか」の議論。

登記できない文字は、役所の住民票でも訂正してもらう。
住民票で出る文字は、必ず登記でも使えるようにしてもらう。

同じ方の登記でも、不動産によって、異なる漢字が使われていることがあります。
また、不動産登記で使われている漢字と、会社登記で使われている漢字が違うこともあります。

ご自身が「こだわり」を持たれていることもあるので、難しい問題かもしれませんが、これだけコンピューターによる入力が発達したのだから、もうそろそろ、正字に統一してくれていいのではないか、と思います。

|

« 医療同意や死後事務の法律は不完全 | トップページ | 名古屋出張は乗り慣れない名鉄 »

司法書士の日常」カテゴリの記事